So-net無料ブログ作成
検索選択

まとめサイトによるステマを見破る6つの方法!! [コラム]



まとめサイトによるステマを見破るのは意外とカンタン!!
簡単な見破り方を伝授しますwww


58cec72dad44e755381ca663d2989661.jpg





 けっこう前にも食べログなどでも、業者による意図的な投票でランキング操作が発覚し問題になりましたが、今回ヤフーニュースで取り上げられていたのは、みなさんもおそらくご存知かと思いますが、 インターネット掲示板から引っ張ってきた「まとめサイト」があるのですが、
いわゆる「2ちゃんねる」や「NEVERまとめ」などですが、

そのまとめサイトで金融商品やアダルトサイトに業者がいわゆるステマをして、誘導を促すような広告が増加しているとのことですf(^_^;


これを新手のステルスマーケティング(ステマ)だ!!と警鐘を鳴らしているそうです


ステルスマーケティングとは、


(通称ステマ)は商品やサービスの提供する側が、自分自身か業者を用いて消費者を装い、口コミ掲示板やランキングなどで自分達が有利に働くように、書き込みや評価・採点を行う行為を指します。








利用者は広告と気付かせないとはホントウですか!?

まぁ、まだ被害件数は少ないようですが、これは消費者に取って不利な情報操作ですから、
早めに手を打って頂けるとありがたいですねf(^_^;






そこでステマを見破る方法をカンタンに説明します(^^)d


しかし最近急に騒がれるようになりましたが、ステマ自体は、今に始まったような手法ではなく、昔から存在しているのですよf(^_^;



ネットの世界では個人が自由に自分の意見を発信することができますから、
そこに誰かチェックが入るといった規制もあまりないので、言いたいことを言っているだけの世界だ!!と捉えて自身で判断することが大前提にあると思いますf(^_^;


ですから、情報を受けとる側のネットリテラシーというか、読解力ですかね!?

その情報が本当かどうかの判断は常に気を配る必要があります。

では、どのようにして判断するべきなのでしょうか!?

意外とカンタンにその嘘を見抜く方法があるのでそれについて考えてみましょう(^^)d




最初のステップは、誰が書き込みを行うかわからないwebサイトや掲示板でその情報がホントウかウソかを見極めるのは難しいので、ハナから信用しない方が無難でしょうねf(^_^;



ステップ2は、書き込みした人の他の人の書き込みもチェック!!


意図的に操作されている書き込みに多いのですが、新しいアカウントなど、他の書き込みも含めてですが、書き込み数が極めて少ない人から、たくさん書き込みをされているかチェックしてみてください。

これかなり怪しいですよw


そういったアカウントからのまともな書き込みは非常に多いと思いますが、もちろんレビューの初心者の方も、おられるので一概には言えませんが、レビューの大半がそういった書き込みだとすると疑った方がいいと思います!




ステップ3は、具体的な話があるかどうかをチェック!!



書き込みにどの程度の具体的であるのかをチェックしてください。

飲食店のレビューを見る場合だと、どんなメニューを食べて、どういうところが良かったのか書いてあれば信憑性が高いと思います。



ステップ4は、多数の書き込みで同じような文面が並んでいないかチェック!!


いろいろとマメに書き込みをしている人がいたらその人の書き込みを見て他のモノに対してどう書いているのかを注目してくださいww

同じようなことを言っていたら怪しくないですか!?ww

つまり、どんな商品やモノに対しても同じようなことを言っている=業者かもしれませんよ(^^)d


ステップ5、他のサイトでの評判もチェックしてみる!!


例えば飲食店の場合だと、食べログやぐるなびなど併用していることが多くありますから、

ひとつのサイトで判断するより、他のwebサイトでもチェックしましょう!!

食べログでは評価が良いのに、ぐるなびでは評価が良くなかったりすると、疑って他のサイトも見比べてみてくださいf(^_^;




ステップ6、商品、サービスに合ったwebサイトの評価をチェック!!



例えば、家電の評価を場合、価格comは非常に参考になります。

ここは信憑性も高く、意図的な操作をしようもんなら、総すかんを食らいますから価格の参考にはコチラを(^^)d


ステップ7は、ランキングが短期間で急激にアップしたのかどうかをチェック!!


これは、なんとも言えませんが、急激にランキング上位されたものは、どこかで誰かの操作が入ってるのは間違いないのですが、これはそういうものだ!!と思うより一次情報に目を向けるのがいいでしょうねf(^_^;





まぁ、このくらいチェックできれば、商品やサーフィンだけでなく、いろいろなモノが見えてくるのではないでしょうか!?

ネットの情報を頭から信じずに、あくまで参考程度にということが、自分の身を守ることに繋がるので、うまく活用してみてください(^^)

それでは(^^)d


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。